星霜ティンクトリウム

ハンドメイド レジン アクセサリー 製作 イベント 造花 天然石/鉱物 創作 デグー
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ UVレジンの扱いや アレルギーに関してTOPレジン ≫ UVレジンの扱いや アレルギーに関して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

UVレジンの扱いや アレルギーに関して

UVレジン = アクリル系硬化樹脂

元々は成型用ではなく、接着や塗装の硬化促進用に使われたもの
さまざまなメーカーから【UVレジン】の名で出ているが 各社により多少薬品の配合が違う模様(大元の成分は一緒)
※UVレジン と ジェルネイル は概ね同成分とのこと。


●レジンアレルギーの症状
全身の症状は、アトピー性皮膚炎に類似することが多いとされています。
皮膚の湿疹、蕁麻疹、水ぶくれ、かゆみ、赤み、痛み等の症状が、顔、首、手足、腕、背中などに現れます。
口の中の症状は、粘膜が腫れたり、赤くなったり、熱を帯びたり、触ると痛みがでることがあります。
舌痛症、口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)として症状が現れることもあります。
主に固まっていないレジン(残留モノマー)との接触により発症します。
固まっていないレジン液は揮発性があるため、アレルギー症状の一つとして喘息や鼻炎を生じることもあるとされています。

基本的に、一度発症するとレジンを触る度に再発します。
個人差により反応アレルギー物質が異なるため 厳密にどの物質に反応しているかの特定は難しい。
メーカー毎にアレルギー反応が違う方は 相当アレルゲン物質の配合違いの可能性があります。


●レジンアレルギー対策
手袋
換気
マスク(防毒・防塵)
保護メガネ
皮膚保護クリーム(ジェルネイル-皮膚保護クリーム 等の検索で出てきます)
作業用エプロン(水を弾く様な素材だと◎)   等々
※手袋は 【薬品不透過】 の物がおすすめです(普通の手袋だと浸透してきます)
  薬品不透過手袋をしている場合でも浸透してくる物質もあります。
皮膚についた場合はすぐに抜き取り 水と石鹸で洗い流して下さい。
※マスクは 【防毒マスク】 でないと揮発性物質の侵入は 防げません。
※レジン研磨の際に出る 【粉/粉塵】 の吸い込みにご注意下さい。
※肌に付いたレジンを拭き取る際に 【エタノール/アルコール】 は使用しないで下さい。有機溶剤成分により肌により一層浸透します。

------

【その他・参考資料URL】
・アクリル系、エポキシ系接着剤による皮膚障害  https://www.threebond.co.jp/ja/technical/technicalnews/pdf/tech40.pdf
・アクリル酸メチル - 化学物質評価研究機構 http://www.cerij.or.jp/evaluation_document/yugai/96_33_3.pdf
・粉じん作業による健康障害 http://www.qqmto.com/oh/01dust/edust/1diseases.pdf



------

※レジンアレルギーについての症例があまりないので
  同成分とされる ジェルネイルアレルギー についても調べ 記載しております。

スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。